ニュース

  • トップページ>
  • ニュース一覧>
  • 「オリンピック・パラリンピック教育推進校」東京都立練馬特別支援学校にて、フラッグフットボールを題材とした 障害者スポーツ指導技術向上講習を8月31日(水)に開催
2016/08/26

「オリンピック・パラリンピック教育推進校」東京都立練馬特別支援学校にて、フラッグフットボールを題材とした 障害者スポーツ指導技術向上講習を8月31日(水)に開催



東京都立練馬特別支援学校(東京都練馬区:学校長三浦昭広)は、オリンピック・パラリンピック教育の創意工夫した取組みの1つとして、公益財団法人日本フラッグフットボール協会(東京都港区:代表理事岡出美則)及び筑波大学(茨城県つくば市:学長永田恭介)から講師派遣をうけ、文部科学省の学習指導要領解説にも例示掲載されるなど、急速に学校体育で広がり始めている「フラッグフットボール」を題材とした障害者スポーツ技術向上講習を、下記のとおり開催する。
 
日時・会場
2016年8月31日(水)13:00~16:00 練馬特別支援学校体育館

主任講師
筑波大学 体育系 准教授 齊藤 まゆみ(体育学,アダプテッド・スポーツ科学)

その他
一般の方の参加はできません。
見学を希望される教育関係者の方は事前に協会までご連絡ください。(℡:03-6257-3875)

「オリンピック・パラリンピック教育推進校」東京都立練馬特別支援学校にて、フラッグフットボールを題材とした 障害者スポーツ指導技術向上講習を8月31日(水)に開催