NFL FLAG

「フラッグフットボール日本選手権大会」のオフィシャルページ

大会ルール・用具規定

公式規則用語集

あ行

アウトオブバウンズ(out of bounds)
フィールドの外に出てしまったプレー、選手。
アンスポーツマンライクコンダクト(unspoetsman-like conduct)
反則。スポーツマンらしくない行為をしてしまうこと。
イリーガル・コンタクト(illegal contact)
反則。相手にぶつかってしまうこと。
イリーガル・フォワードパス(illegal forward pass)
反則。攻撃側スクリメージラインを越えてフォワードパスを投げてしまうこと。
イリーガル・フラッグプル(illegal flag pull)
反則。ボーを持っていない攻撃側プレーヤーのフラッグを取ってしまうこと。
イリーガル・モーション(illegal motion)
反則。二人以上のプレーヤーがモーションしてしまうこと。
イリーガル・ラッシング(illegal rushing)
反則。スナップ時に、スクリメージラインから7ヤード幅以上離れていない守備プレーヤーが、クォーターバックがボールを保持しているにもかかわらず、スクリメージラインを越えてしまうこと。

PAGE TOP

か行

キャッチ(catch)
パスを空中でキャッチすること。主にフォワードパスをキャッチすること。
クォーターバック(quarterback)
攻撃側のポジションの名前。センターからスナップを受け、パスをしたり走ったりする。
攻撃側スクリメージライン(offense scrimmage line)
「スクリメージライン」を参照。
ゴールライン(goal line)
フィールドを形作る線の一つ。ゴールラインは3次元の「壁」なので、ボールを持った選手が通過すれば得点(タッチダウン)となる。したがってラグビーのようにボールを地面に着ける必要は無い。

PAGE TOP

さ行

サードダウン(third down)
3回目の攻撃。
サイドライン(side line)
フィールドを形作る線の一つ。線上はフィールドの外なので、ボールを持った選手がサイドラインを踏むとプレーは終了する。
サドンデス(sudden death)
同点で試合終了となった後、勝敗を決めるための方法の一つ。
ショットガン・フォーメーション(shotgun formation)
オフェンスの隊形の一つ。ロングスナップで行う。
シリーズ(series)
攻守交代となるまでの継続した攻撃。
スクランブル(scramble)
攻撃側の攻め方の一つ。フォワードパスを投げようとしている選手が、味方が守備選手にカバーされていて投げるとインターセプトされる可能性が高い状況で、パスを投げるのをやめて走ること。結果的には、「パスと見せかけてのランプレー」つまり「ドロー」と同じであるが、違いは、ドローは初めから決めて走るのに対して、スクランブルはプレーが始まってから判断して走るところにある。
スクリーンブロック(screen block)
攻撃側選手が守備側選手の前に立ちはだかって、身体接触することなく、相手の動きを止めるための方法。
スクリメージライン(scrimmage line)
攻守の陣地を分ける架空の境界線。ラインオブスクリメージ、その略称LOSとも言う。スクリメージラインは2本ある。ボールはスタートライン上を、先端部がエンドゾーンを指すように置かれる。そして、攻撃側エンドゾーンを向く先端部を通ってゴールラインに平行な架空の線を「攻撃側スクリメージライン」、守備側エンドゾーンを向く先端部を通ってゴールラインに平行な架空の線を「守備側スクリメージライン」と言う。
スコアカード(score card)
審判が持つ用具の一つ。得点を記録する。
スタートライン(start line)
フィールドを形作る線の一つ。スナップは必ずこの線上から行う。
スナップ(snap)
センターが、背後にいるクォーターバックに、股間を通してボールを渡す行為。これをすることで攻撃が開始される。
セーフティ(safty)
守備側のポジション名。後ろに位置して、長いパスを守る。
セーフティ(safty)
得点の名称。守備側が挙げる、攻撃側の自滅点。
セカンドダウン(second down)
2回目の攻撃。
センター(center)
攻撃側のポジションの名前。スナップを出す。
ゾーンディフェンス(zone defense)
守備側の守り方の一つ。各々守るべき区域を決めて守る方法。

PAGE TOP

た行

タイブレイク(tie break)
同点で試合終了となった後、勝敗を決めるための方法の一つ。両チーム同数回、攻撃を行い得点差がついた時点で試合終了。
タイムアウト(time out)
試合時間の進行を止めて、様々の事柄に対処すること。
ダイレクトスナップ(direct snap)
スナップの方法(二つ)の一つ。センターとクォーターバックがボールを手渡しする。
タッチダウン(touch down)
得点。ボールを持ったプレーヤーが相手エンドゾーンの中に走りこんだり、相手エンドゾーンの中で味方からのフォワードパスをキャッチしたりすると、6点が加算される。
タッチバック(touch back)
得点以外の、エンドゾーン内で終了したプレー。
チームタイムアウト(team time out)
チームが審判に要請して、試合時間の進行を止めて行える相談の時間。
ディフェンス(defense)
守備、守備側、守備をしているチーム。
ディフェンダー(defender)
守備側選手。
ディレイ・オブ・ゲーム(delay of game)
反則。レディフォープレー後、30秒以内に攻撃を始められなかったこと。
デッド(dead)
ボールデッド、攻撃の終了。プレーの終了。
デッドボールファウル(dead ball foul)
プレーしていないときに起こった反則。
トス(toss)
パックワードパスの一つ。
ドロー(ドロープレー)
(draw)
攻撃側の攻め方の一つ。パスプレーと見せかけてのランプレー。

PAGE TOP

な行

ニュートラルゾーン(neutral zone)
攻撃側スクリメージラインと守備側スクリメージラインの間のゾーン。シニアレディースジュニアルールはボール1個分幅、キッズルールはボール1個分プラス3ヤード幅となる
ノーランニングゾーン(no running zone)
ランプレーをしてはいけないゾーン。パスプレーしかできないゾーン。

PAGE TOP

は行

ハーフディスタンス(half distance)
反則時の、罰則のさせ方の特例。罰退距離が、施行地点からゴールラインまでの距離の半分を越えてしまう場合は、ゴールまでの半分の距離の罰則を施行する。施行地点がゴールラインから10ヤード以内でゴールライン方向に罰則が課される場合にあたる。
ハーフライン(half line)
フィールドを形作る線の一つ。エンドゾーン間の中間線。
バイオレーション(direct snap)
罰則の無い反則。プレー中バイオレーションが起きた時、審判はその時点でプレーを止める。
パイロン(pylon)
フィールドに置かれている用具の一つ。エンドゾーンの四隅に置かれた長方体。
パサー(passer)
フォワードパスを投げる攻撃側プレーヤー。主にクォーターバック。
パス(pass)
フラッグフットボールでは、フォワードパスを意味することが多い。
パス・インコンプリート(pass incomplete)
パス不成功。パス失敗。フォワードパスをキャッチできずボールが地面に落ちて、前進できないこと。地面にボールが落ちれば、その時点でプレーは終了なので、そのボールを奪い合うことはできない。
パス・インターフェアランス(pass interference)
攻守の反則。フォワードパスをキャッチ(インターセプト)するときに、相手に接触してしまうこと。
パス・コンプリート(pass complete)
パス成功。フォワードパスを空中でノーバウンドでキャッチできたこと。
パスプレー(pass play)
フォワードパスによりボールがスクリメージラインを越えるプレー。空中でキャッチできないと前進は認められない。したがってバックワードパスプレーはパスプレーではなくランプレーである。
パックジャッジ(back judge)
審判の一人。守備側の最後尾に位置して、タッチダウンの判定をする。
パックパス(back pass)
バックワードパスに同じ。
バックワードパス(backward pass)
味方へのボールの手渡しパスや、自エンドゾーン方向(後ろ)に投げられたパス。後ろパス。真横へのパスも含む。投げ方(フォーム)は問わない。
ハドル(huddle)
攻守両チームがフィールド内で、攻撃が開始される前に、集まること。作戦の確認・伝達などを行う。作戦会議。
ハンドオフ(hand off)
ボールの手渡し。
ビーンズマーカー(beans marker)
審判が使う用具の一つ。攻撃が開始される地点に置かれたボールの下に、目印として置いておく物。ビーンバッグ、プレビアスマーカーとも言う。
ピッチ(pitch)
パックワードパスの一つ。
ファーストダウン(first down)
1回目の攻撃、またはファーストダウンを獲得すること。
ファウルマーカー(foul marker)
審判が使う用具の一つ。反則が起きたときにフィールド内に投げ入れる。
ファンブル(fumble)
持っているボールを落として地面にボールが付くこと。スナップ、バックワードパスをキャッチし損ねてボールを落とすこと。
フィールド(field)
フラッグフットボールの試合をする場所。
フィールドジャッジ(field judge)
審判の一人。守備側のスタートを見てから、プレーが終了した地点を判定する。特にサイドライン際のプレーの判定をする。
フェイク(fake)
相手を混乱させるために行う動作。「~と見せかける」。用例 ハンドオフフェイクパス~手渡し作戦と見せかけてのパス作戦。
フォースダウン(fourth down)
4回目の攻撃。
フォルススタート(false start)
攻撃側の反則。スナップ前にスタートしてしまうこと。
フォワードパス(forward pass)
相手エンドゾーン方向(前)に投げられたパス。前パス。投げ方(フォーム)は問わない。
フラッグガーディング(flag guarding)
反則。ボールを持った選手が、フラッグを取られないように押さえたりすること。
ブリッツ(blitz)
守備側の作戦の一つ。スクリメージラインを越えてフォワードパスを投げようとしているオフェンス選手のフラッグを取りに行くこと。
プレーヤー(player)
選手。
プレッシャー(pressure)
フォワードパスを投げようとしている攻撃側選手の前で手を挙げたりして、邪魔をして妨害すること。
プレビアススポット(previous spot)
攻撃を始めた地点。ビーンズマーカーを置いておく。
ホイッスル(whistle)
審判が使う用具の一つ。攻撃が終了したり、レディーフォープレーを宣言する時に吹く。
ボールキャリア(ball carrier)
ボールを持って走る選手。
ボールキャリー(ball carry)
ボールを前進させること。
ボールデッド(ball dead)
攻撃の終了。

PAGE TOP

ま行

マンツーマンディフェンス(man to man defense)
守備側の守り方の一つ。各々守るべき相手を決めて守る方法。
モーション(motion)
攻撃側の攻め方のひとつ。攻撃側選手の一人だけ、スナップの瞬間、静止することなく、スクリメージラインに平行方向か後ろ方向に移動していることが認められる。マン・イン・モーション、イン・モーションとも言う。
モーションプレーヤー(motion player)
「モーション」を行う攻撃側選手。

PAGE TOP

や行

ヤード(yard)
フラッグフットボールで使う長さの単位。1ヤードは、91.44000センチメートル。

PAGE TOP

ら行

ライブボールファウル(live ball foul)
プレー中に起こった反則。
ラインズマン(linesmen)
審判の一人。攻撃側のスタートや、攻撃側スクリメージラインで起こりうる反則を見て、攻撃が終了した地点を判定する。サイドライン際のプレーの判定も行う。
ラッシャー(rusher)
フォワードパスを投げる攻撃側選手のフラッグを取りに行く役目の守備側選手。
ラン(run)
ランプレー、ラン攻撃。
ランナー(runner)
ボールを持って走る選手。
ランニングタイム(running time)
試合計時方法の一つ。タイムアウトやパス失敗、ボールを持った選手がフィールドの外に出た場合等は試合時間の進行を止める「正式計時」と違って、タイムアウト以外は試合時間の進行を止めない。
ランニングバック(running back)
攻撃側のポジションの名前。クォーターバックの横か背後に位置して、主にクォーターバックからバックワードパスを受けて走る。
ランニングプレー(running play)
ランプレー。
ランプレー(run play)
ボールを持って走りスクリメージラインを越える(前進する)プレー。バックワードパスプレーはランプレーに含まれる。
リターン(return)
相手のフォワードパスをインターセプト(横取り)した守備側選手が相手のエンドゾーン目指して走ること。
リターナー(returner)
リターンをしている選手。
リバース(reverse)
攻撃側の攻め方のひとつ。右(左)へ走ると見せかけて左(右)へ走る作戦。
レシーバー(receiver)
攻撃側のポジションの名前。フォワードパスをキャッチする選手。フォワードパスをキャッチすることを「レシーブ」とも言うので。
レシーブ(receive)
「キャッチ」に同じ。主にフォワードパスのキャッチを指す。
レディー・フォー・プレー(ready for play)
「次の攻撃を開始させる準備ができたから、攻撃を開始してください」という審判団の合図。レフリーは次の攻撃は何回目かを言ってからホイッスルを吹く。
レフリー(referee)
審判の一人。主審。審判団の責任者。試合を進行させる。
レフリータイムアウト(referee time out)
審判が、反則や負傷者が出たとき、試合時間の進行を止めること。
ロス・オブ・ダウン(returner)
リターンをしている選手。
ロングスナップ(long snap)
スナップの方法(二つ)の一つ。クォーターバックはセンターから後ろに離れて位置し、センターがクォーターバックにパスして行う。

PAGE TOP

英数字

2ミニッツ・ウォーニング(two minutes warning)
前半・後半で、それぞれ終了2分前になった、という審判の宣言。
LOS(line of scrimmage)
ラインオブスクリメージの略語。スクリメージライン。
QB
クォーターバックの略語。
C
センターの略語。
RB
ランニングバックの略語。
TD
タッチダウンの略語。
TFP
トライフォーポイントの略語。エキストラポイント。

PAGE TOP